大人ニキビの原因と対策について

大人ニキビの原因と対策について

困る

かつてニキビは思春期にできてしまう皮膚トラブルの代名詞として多くの人がそのケアに頭を悩ませていました。 ニキビは厄介なものですが年を重ねるごとに問題は解決し、成人を迎える頃には多くの人がニキビとは無縁の生活を送れるようになっていたのです。
しかし今日ではライフスタイルの多様化を背景に20代や30代でもニキビができてしまう「大人ニキビ」に頭を悩ます人が急増しています。
主に頬にできると言われている大人ニキビですが、どのような原因でできてしまい、またどのようなニキビケアを行えばよいのでしょうか。

思春期にできてししまう「思春期ニキビ」と20代や30代でもできてししまう「大人ニキビ」には様々な違いがあることがわかっていますが、その最も顕著なものがニキビができる箇所となります。
皮脂の過剰分泌が原因でできてしまう思春期ニキビは、皮脂の分泌量が多くなりがちなおでこや鼻、顎など広範囲にわたってにきびができてしまうと考えられます。

一方で生活習慣の乱れなど様々な要因が絡み合うことでできてしまうと言われている大人ニキビの場合は頬やフェイスラインにかけてできやすいという報告があります。
顔の中心である頬にできてしまった大人ニキビはその対処方法に多くの人が頭を悩ませています。
完治するまでの間はメイクなどでカバーするのが一般的ですが、その際にやってはいけないことがニキビの上からファンデーションを厚塗することです。
このことによって毛穴が詰まってしまい、更にニキビが悪化する恐れがあるのです。

思春期を過ぎた20代や30代の人にできてしまう大人ニキビですが、この大人ニキビは原因が一つに絞り切れないという特徴があります。
バランスの悪い食生活や睡眠不足、ホルモンバランスの乱れや飲酒禁止法、ストレス、誤ったスキンケアなど様々な要因が考えられ、それらが複合することで生じるとも考えられます。

その中でも最も有力な説と考えられているのがストレスや生活習慣の乱れによって肌のターンオーバーが正常に行われなくなる、という説となります。
ターンオーバーが滞ることで角質層が厚くなり毛穴が狭くなって皮脂などが詰まりやすくなってしまうと考えられているのです。
つまり肌の生まれ変わりが上手に行かないことや、肌の代謝の低下が直接の原因と主に考えられるのです。
ニキビケアを行なう際にはこのことを念頭に置いてケアをすると、より適切なニキビケアができると言えるでしょう。

大人ニキビと思春期ニキビでは、ニキビができてしまう原因が異なることが分かりましたし、原因が異なる以上は適切なニキビケア方法も異なると考えられます。
思春期ニキビの場合は皮脂の分泌量を抑え、肌の保湿を行なうことが最重要と考えられていますが、大人ニキビの場合には生活習慣の見直しを行い、ストレスを溜め込み過ぎ内容にしたり、バランスの良い食生活を心掛けたり、十分な睡眠をとるようにすることが重要と考えられます。
大人ニキビの主な原因はストレスと生活習慣の乱れだと考えられているので、乱れを正し、肌のターンオーバーを正常化することで根本的な問題解決につながると考えられるのです。

ストレスを溜めないようにすることは重要ですが、お菓子類などの暴飲暴食は厳禁となります。
おすすめのストレス解消方法はランニングなどのスポーツとなります。運動はダイエットにも効果的ですし、代謝の活性化、血行やリンパの流れを活性化するのにも効果的なので美容にも良いと考えられるのです。

20代や30代でも頬やフェイスラインにかけてできてしまう大人ニキビは、思春期ニキビとは原因が異なるため対処方法も当然異なってきます。
思春期に講じていた対策方法でなかなか大人ニキビを治すことができないという人は大人ニキビ用の対策を実践してみるとよいでしょう。
また大人ニキビができないようにするためには、日々の生活リズムを安定させることやストレスを溜め込まないように心がけて生活を送ることが非常に重要と考えられるのです。

この記事を読む人に関連する記事